生きてる証しに★

少しだけ、おかんもお花ちゃんんも落ち着いたので
御心配をして頂いてる皆様にご報告をしたいと思います。

先週の金曜日大阪の動物の高度医療を行ってる
「VRセンター玉造」でMRIを受けました。

全身麻酔をして1時間半ほどかかる予定でしたが
お花ちゃんはなかなか終わりません。
思ったより重症なのかと心配になって来ました。
もしかしたら「癌?」と・・・

結果は想像以上に悪かったのです。
診断結果は「脊髄空洞症」首と腰に「腫瘍」
先天性のキリア奇形(後頭骨後部形成不全症候群)

詳しい説明を受けましたがショックで半分しか理解が出来ないまま
帰って来ました。
分かってる事は手術はしても効果は見られないと言う事
腫瘍は良性か悪性か調べるにしても手術と同じ事になり
神経なので取ったら動けなくなる。
外科の先生が手術を勧められないのですから
治る可能性はないのです。

娘の結婚式が5月末にあるので留守番をさせられないと
先生に嘆いたら「それまでもたない」と言われました。

悪くなりだしたら症状は急に進むと言われたのです。
お花ちゃんを見ていてもそれは解ります。


MRIのデータを入れたディスクを預かったので
翌日の日曜日にホームドクターの所に行きました。
VRセンターからはすでにファックスが送られてました。
話をしたら5月どころか今月も危ないような口調です。

この病気、痛みが無いので良かったと思ってたのですが
末期になると痛んでくると言います。
そうなると「安楽死」も考えた方が良いとも言われました。
それだけは嫌なので痛まない様に祈ってます。

薬は「気休め」しかならないけど「ステロイド」を処方すると言われ
一週間分もらってきました。

薬は気休めのはずなのに昨日と今日は元気があり
食事もお花ちゃんから催促をしてノコノコと
お花ちゃんベットから歩いて出てきます。

痛みが出てくればまず食欲が無くなると言います。
だから、今の所はホッとしてますが、
治ってると思って後でショックを受けない様に期待はしない事にしています。

最後の時まで、娘と二人可愛がってやるしかないので
今、お花ちゃんの待遇は最高です。

後は奇蹟を待つしかないです☆


ブログも書ける時は更新して
お花ちゃんの「生きている証」を残してやることにします。

コメント欄はお返事を書くのがまだ辛いので締めさせて頂きます。



長々、最後まで読んで下さってありがとうございました☆

スポンサーサイト

テーマ:ジャックラッセルテリア - ジャンル:ペット

2010.03.02 | | トラックバック(0) | 未分類



«  | ホーム |  »

☆ 訪問ありがとう ☆

愛犬お花ちゃんは、2010年2月26日にMRI検査した結果、 脊髄空洞症・腫瘍(首・腰)・キリア奇形、 難病が見つかりました。 今、家族で病気と向き合ってます☆

プロフィール

ホウキ☆

Author:ホウキ☆
訪問有難うございます
得る物が無いダラダラ話です

おかんの名前はホウキ☆
(ホウキボシ)
ポジティブ人生が目標です♪

同居人:
『お花ちゃん』・・・ワン
『葉っぱさん』・・・娘
『もみもみ君』・・・娘の旦那様
『マリン』・・・孫3号
   (2014年1月14日生)

ご近所さん:
『イチロー君』・・・息子
『おケイはん』・・・息子の嫁様
『まる子』・・・孫1号
  (2009年12月27日生)
『イサキ』・・・孫2号
  (2013年12月29日生)




☆ブログランキングに参加中です☆
「ポチッ」としてもらうと
単純おかんは喜びます
 ↓ ↓ ↓

  





powered by ブログパーツの森



-天気予報コム- -FC2-



ホウキ☆の本棚

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード